CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
−集え、アルピニスト達よ−
女装山脈バナー
病気?いえ、正気です。
女装山脈バナー
インタビューズ
twitter
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
青は寒色。時間が過ぎるのが遅く感じられる色。

しかし、人の生の中で、青という時代が過ぎるのはあまりにも早すぎる。

『視点に囚われるな』

高く、もっと高く。見渡せば空も海もどこまでも続いている。

 --限りはあるが果てはない--

人生もまた然り。
恥も外聞もない晒し上げの記録、今ここに。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
知能が捉える世界観について。
 怖っ。

解説:人類は衰退しました2を読んで出た感想です。
よく「あの人は見ている世界が違う」とか世界観について言及されることがありますが今回はまさしくそんな感じの話だと思いました。

「アルジャーノンに花束を」という本がありますね。
私も読んだことがあります。確か大学の時、英語の時間に読んでました。
※授業とは全く関係ない


そこでは発達障害の主人公が知能が低いために他の人と理解し合えない。実験により、一時期的に天才的な頭脳を手に入れるも今度は知能が高すぎるために理解し合えない。
結局のところ、実験の効果も完全ではないために元の低い知能に戻ります。
私には知能高くても妬まれたり話が合わなくて理解されないならいらねーやこんな知能、といったように自ら手放したような諦めも感じられました。

まぁ話は戻してこの知能の差によって話は合わない、ということはまぁ日常生活でも割合良く見かける光景ではありますが、個人の知能がこうも短時間に上がり下がりするだけで何か言いようのない恐怖を感じるわけです。

アルジャーノンの方はまぁそういうあらすじは知ってて読んだから多少は心構えできていたけど、今回は前情報が全くない上にほのぼのとした文体でやられたので怖さが何割か増しにもなってるんじゃないかな、と。
| 読書 | 10:46 | comments(0) | - | pookmark |
だって僕らは有頂天。

面白きことはよきことなり。


解説:アニメ化に際して取り急ぎ、有頂天家族を読みました。

何故取り急ぎかといえばアニメしか見ていない阿呆共の評論めいたものに自分の感性を歪められたくない、また、原作も知らずに語るその仁和寺の法師と変わらない底の浅さとは私は一味違うと主張したい、まさしく阿呆の血がしからしむるところによるのである。

まぁ別に楽しみ方はひとそれぞれだが原作読んだほうが確実に楽しめると思う。
そして私が語りたいことはただ一つ。

海星たんかわいいよ海星たんはぁはぁ (蹴


この海星たんというのは主人公の矢三郎の許婚。
一切姿を人前に現さない、口が悪い、登場回数少ないという脅威の設定にもかかわらずに私に萌え豚としてブヒらせたキャラクターだ。

森見さん、あんたわかってるでぇ…(黙れ

まぁ小説だから描写されてもビジュアル面はそんなに作用しないんだけどね。
特に私は想像力乏しいし。被害妄想凄いけど(何の独白

あと、口が悪いってのは私のマゾ属性にストライクしたんだろう、おそらく。
口が悪いっていっても、ところどころ見せる女の子らしい口調ももちろんあるからこれぞ森見先生の天才的なデレ成分の配合の仕方によるのだろうな。

アニメでは第3話まで放映中の現在だが多分彼女は最後まで姿を見せない。
原作でも一同会するシーンがあるがそこでも姿を見せないほどである。
ここまでくると本当に作中にすら存在しているのか怪しいところではあるがとにかく可愛いからいいんじゃないかな、うん。


全体的な感想としては正直なところ何が面白いのか説明は出来ないが面白い。
乙女や四畳半のときにも感じたことだが何が物語の核になっているのか考えれば考えるほどに無味乾燥になっていく。
共通するのは京都を舞台とし、そこに住む人々(天狗、狸を含む)が好き勝手自由に動きまくって面白いことを織り成す和風ファンタジー、これこそが森見ワールドであると私は解釈するに留める。

とりあえず海星たんを愛せ、話はそれからだ。乙女ちゃんでも可。明石さんは知らん。
 

| 読書 | 04:30 | comments(0) | - | pookmark |
読み始めたいけど敷居高すぎるなぁ、ラノベくらいなら自分にも読めるのになぁという人のための神曲。第1歌。
※あくまでもネタなので神曲の熱狂的なファンの方は控えることをお勧めします。
火病っても私は責任をとれません。



私はダンテ。年は35歳。
目を覚ますといつの間にか森の中にいた。

RPGで表現すれば魔王城手前の森。
日本の人は富士の樹海(夜)を想像すればいいよ。
静岡県民の方、ごめんなさい。

余計なことを説明したがこの森は凄い怖い、思い出しただけでもぞっとする。
苦しすぎて死にそう。

まぁでもここでも良かったことはあったので今から2,3個説明するよ。

そもそもどうしてこんな森に入ってしまったかうまくいえない。
ただ夢中だった。
メタ的な説明になるけどこの森は私の罪深い生活の象徴らしい。
ここであの有名な名台詞!

「私は正道を捨てたのだ」

もう1パターン

「人生の道の半ばで正道を踏み外した私が目を覚ましたときには暗い森の中にいた」

はい。

そして私は森の中でおびえながら歩いてたんだけど、とある丘のふもとにたどり着いた。
もう夜明けなのかな。
太陽の光が丘の稜線を照らしていた。

ちなみにこの太陽は人を正しく導くといわれているらしいね。

この光を見ていると不安も少しずつ薄らいできて通り過ぎてきた森を振り返ってみた。
それから浜辺へ歩き出した。
うん、ごめんね。特に振りむいた意味はないんだ。ただ、あの森、今まで生きて出た人いないらしいから。

それで山の斜面に差し掛かった時かな。
斑模様の見るからにすばしっこそうな豹に出くわした。
襲ってこないけど去ろうともしない。
邪魔してるだけみたい。

ウザいから引き返そうかなと後ろを振り返った。
夜明けの太陽とついでに星々も空にあった。
こんな豹なんて恐れることないよって言ってるように見えたので安心した。

しかしほっとしたのもつかの間、今度は獅子と、ついでに雌狼まで現れた。
あ、さっき言い忘れたけど豹も雌ね。獅子は知らん。

こんな状況では丘にも登れないので諦めた。

人って欲しい物とか手放す時に悔しくて仕方ないけど今の私の状況もまさにそれだよね。
しかし私比喩下手だな。
製品版ではちゃんとした比喩になってるから確かめてみてね★(宣伝

そんな訳でしょうがないので太陽の方に引き返しました。

なんか人がいた。
しばらく喋っていないので声が出ない。
かまわず大声で叫ぶ。
「助けてそこのひと!いや、ひとじゃなくてもなんでもいいから助けて!」

彼が答えた。
「今は人じゃないがかつては人だった。両親は(割愛)。生まれは(割愛)。私は詩人だった。だから(なんか有名な人)のことを歌った。というかお前なんでこんなとこにいるんだ?なんで苦悩の谷へ引き返した?喜びの山には登らないのか?」

「ではあなたがあのウェルギリウスですか?(結構長く褒め言葉で詩人を説明中。なんかダンテにとっては詩を始めるきっかけになった作品の先生らしい)。助けてください。なんか獣が」

「お前は別の道から行ったほうがいいな。通ろうとしたら確実に食い殺されると思う。まぁ将来的にはなんとかなると思うから今はあの獣は放っておこう。ついて来い。まずは地獄へ連れて行く。結構やばい。死んでるのに死にたいという絶望の叫びがそこかしこで聞けるほどの絶望が渦巻いている。次に煉獄に連れて行く。地獄よりは比較的マシなところだな。天国に入れてもらえるかも、という希望があるくらいには。天国に上りたいなら私よりふさわしい人がいるからその人に任せるとしよう。私は一回掟に背いちゃって言っても聞いてもらえないからな。」

「詩人よ、お願いです。連れて行ってください」

彼は歩き出した。
私はその後に続いた。
| 読書 | 15:51 | comments(0) | - | pookmark |
信念。
 『信念』著・アイザック アシモフ
ハヤカワ文庫「冷たい方程式」収録


〜あらすじ〜
何が原因か最後まで明かされることはないが、突然、空中浮遊が出来るようになってしまった物理学教授。
この原因を探るべく、権威のある物理学者たちに協力を試みるも狂人・変人の妄言と取られてまともに取り合ってもらえない。
しかし、友人の精神科医の助言により、最終的には道を切り開くことに成功する。



最初は取り合ってもらえなかった問題を最終的には協力させることに成功すること、これがこの物語に一番のポイントだと思いますね。
初めに試みた方法と二回目に試みた方法はもちろん違います。

アプローチの方法が違うということですね。これは現代を生きる上でも生きやすくなるかならないかという点で大きく影響を与えてくると思います。要はいかに引き出しを持っているかですね。

二回目の方法について少し詳しく述べると、作中でも記述がありますが自分の問題を相手の問題にすりかえたということ。
人間が行動を起こすのは、圧倒的に他人のためよりも自分のためのことの方が多いという心理を突いたこと。
人間の思考原理について選択肢が2つ以上あるなら最も楽なものを選ぶ傾向にあるということを考慮した上で、自分の正気を疑うよりも空中浮遊を信じるほうが楽という状況を作り出して行動させたこと。

一言で言えば「押しても駄目なら引いてみろ」ですね。

しかし全く関係ないけどSFは真面目調におかしいことを書くから笑えますね。
私と芸風がかぶっている。←
| 読書 | 11:51 | comments(0) | - | pookmark |
「そして誰もいなくなった」
を読み終えました

久しぶりに本格派ミステリーが読みたいな、と思ってちょっと前に古本市場で買ったんですよ

そのちょっと前に大量にあったいらん本を古本市場で売ったんですね
いらんこともないんだけど置いとけないから優先順位が低いやつをね、泣く泣く売ったんですよ

それで売った日の翌日、買取価格と店頭の販売価格にどれほどの差があるか確かめに行ったんですよ(また意味のないことを

まぁちょっとレシートなくしちゃったから詳しくはわからなかったんですが600円のやつが400円で売られてたのにはなかなかいい気分を覚えましたな
しかしそれの買取価格が100円とかだと思うとすっげー腹立たしいな!

さて、話が大分それたけどそんな本に囲まれた場所にいたので一冊くらいいいだろ、と思いまして

まぁ実際二冊買ったけど(何なのお前


一冊がエロ漫画で、もう一冊がこの「そして誰もいなくなった」でした

タイトルは有名な方なのかな
阿笠博士の名前の元ネタになったことでも知られるアガサ・クリスティーの最高傑作、らしいです
マジどうでもいい情報だな

で、感想ですが今回はこの前みたいに意味不明な理由で引っ掻き回されることなく楽しめました

うん、そんな変態嗜好なら仕方ないね
好きなことに理由なんていらないよ

ということはこの前のあの人も「へへっ、私は警察に情報を渡さないことが好きなんだ。自分が犯人じゃないって証拠を持っていて、なおかつ自分が犯人だと疑われている状況でもな!」って嗜好の持ち主だったのか?なんて…ドマゾ…!


話を戻してこの「そして誰もいなくなった」では島に閉じ込められて次々に殺されていきます
タイトルでネタバレしてるから言うけど全員死にます
1人目の死に方がスピーディー過ぎて、思わず笑ってしまいました
あれは今日の新喜劇にも使われているノリの死に方でしたよ


そんな軽いノリとは対照的に終盤の方の殺人になると不気味さが増してきてまさにミステリーって感じでしたね
オカルト的なものじゃなくて、もちろんトリックがあるんだけど作り込まれすぎてオカルトに見えてしまう不気味さでした


いや、これは最高傑作と言われるだけあるわ
マジ楽しめた
| 読書 | 03:15 | comments(0) | - | pookmark | 昨年の記事
流星の絆。
 今更だけど読みました
エェーッ、そんなにうまくいくのかい!?って思わずマスオさんの物真似をしながらツッコミを入れてしまう箇所もありましたがまぁかなり面白かったです

以前君がみつける物語10代恋愛編なんたらかんたらって短編集に入ってた東野さんの短編を読んだ時にはなんじゃこりゃってなりましたが、ドラマ化されるだけあって流星の絆は面白かったです
東野作品はファンにも『当たりはずれが激しい』って言われるくらいだもんね

ところで俺ドラマの方見てないんだよね
あとキモオタ中2野朗だから世間が騒いでる時には一緒になって騒げないんだ

だから今騒ぐ!
文庫化されて大分安くなった流星の絆、絶賛発売中!面白いよ!

さて、販促も終えたところで感想でも

↓あらすじ産業

三兄妹
両親を殺されて
流星に復讐を誓う

まぁ正直感想もそんなにないんだけど(蹴)、これは真似したいってのがありました

発光ダイオードを部屋の外につけておきたいですね
作中では緊急事態の時にはそれが光るようになっているんですよ
光ってるときには緊急事態、かっこいい!これはかっこいい!!(ねーよ

あと、全然犯人ではない人が現場の証拠を隠滅するのはいい加減にしろよって思いましたね
『気が動転してたから……』じゃねーよww公務執行妨害で逮捕されろwwww
『いずれたどり着くと、●●年間、思っていた……』じゃねーんだよww犯人じゃないくせに犯人みたいなセリフ吐いてんじゃねーよ、紛らわしいんだよwwwww

と、最後の最後でツッコミまくってしまった
| 読書 | 21:56 | comments(0) | - | pookmark | 昨年の記事
阪急電車。
 かんそうぶんです

文体がラノベと携帯小説を足して2で割ったような感じでしたね
個人的には、括弧等を使わない人物の魂のシャウトを地の文に織り交ぜてくるような書き方はやめて頂きたいと思いました

というか人物目線なのか作者目線なのかよくわからない文体はあまり好きではないです
いや、別にシャナのことをdisってるわけではないですよ(いらんこと言うな


内容に関しては作者もなかなか性格悪いな、ってことがわかるもので楽しかったです
結婚式に白い服着ていったら駄目っていう一般常識も得ることが出来てなかなか勉強になりました
まぁキモオタには全然心配いらないけどな
呼ばれたとしても白を着る度胸なんてない、安心の黒服率ですからな
ていうか白スーツ常用してる奴とかいるの?ナルシストってレベルじゃねぇぞ!

あと、人物は凄いリアルに関西人が再現できていると思う
品のなさがすごいリアル!

一部地方出身者が出てくるけど、その人達が凄い好印象に思えるくらいだもの
別に何もしてないのにね!

行動が品のない関西人はいわずもがなで、行動は特に普通なのに喋り方が関西弁なだけでああも品が無くなるのか、って思って凄い怖くなった

いや、多分文字に起こしているからそう思うだけ…と信じたい
| 読書 | 17:39 | comments(0) | - | pookmark | 昨年の記事
THE YOU.
 いや、あんたは読まなくてもいいんじゃないか。

解説:「座右のニーチェ」という本を読みました
ニーチェの言葉を分かりやすく説明してくれている本ですね


余談ですが母は俺がこの本を読んでるのを見て『次、読ませてくれ』みたいなことを言いました


その時はなんとも思わなかったけど、これを読み終わってから考えてみると『読む必要ないんじゃないか?』と思いました

だってあの人、生き様がニーチェっぽいもの
自分を否定するということを知らないもの
※褒めてません

自分を褒める褒めないについて、ニーチェが言ってるのは良い物は自分のものでも他人のものでも褒めるということね
逆に悪い物は自分のものでも他人のものでも褒めない


人にかまって停滞せずに、自分の道をひたすら進んでいく(嫉妬の否定)など共感できる考えも多いですね

これに関連して印象に残ったのが隣人愛でなく遠人愛を勧めること

隣人愛というのは一時期話題を呼んだ、皆並んで手を繋いで一列でゴールとかクラス全員が主人公の劇とかいった類のあれですな、悪い意味での平等主義

要はちまちましてんなよ小さき者どもってことですわ

しかし今の日本社会では難しい話ですな
ニーチェの思想を少しでも語っただけで壮絶な爪弾きに遭いそうですね

ニーチェの本を出版してる会社の面接でニーチェを語ったらどうなるんだろう
多分、それとこれとは話が別って落とされるんだろうなぁ
| 読書 | 02:05 | comments(0) | - | pookmark | 昨年の記事
16節。
 
アダムは後に妻となるエバと知り合う。

孕んでカインを生んで言うには『私はエホバによって一人の人間を得た』と。

また、カインの弟のアベルを生んだ。

アベルは牧畜者、カインは農耕者となった。

月日を経て、カインは作物を持ってきてエホバへの供え物とした。

アベルもまた、生まれたばかりの、かつ太った羊を持ってきた。

エホバはアベルとその供え物はお気に召したが、カインとその供え物には見向きもなさらなかった。

カインはとても怒り、そしてその顔を伏せた。

エホバはカインに仰るようには、『お前は何故怒る。何故顔を伏せるのか』と。

お前はもし善いことを行ったなら、表彰せざるをえない。

もし行わなかったなら罪がすぐそこまで来る。

罪はお前を慕う、お前は罪を償っても良い。

カインはアベルに話を持ちかけた。

彼らが野原にいた時、カインは弟のアベルに立ちかかって殺した。

エホバ、カインに仰るようには弟のアベルはどこにいるのか、と。

カインは言うには、私は知りません、私は弟の監視者なのですか、と。

エホバが仰るようには、お前は何をした、お前の弟の血の声が大地から私に叫んでいる。

呪いのために、お前はこの地を去れ。

この地は口をひらいてお前の弟の血をお前の手から受けているのだ。

お前は地を耕しても、地は二度とお前に力を貸さない。

お前はさまよう流離い人となれ。

カインがエホバに言うようには、私の罪は大きくて償うことが出来ない。

見てください、あなたはここから私を追い出しなさる。

あなたのお顔を見ることが出来ない。

私は流離い人となろう。

おそらく私に会うものは私を殺そうとするだろう。

エホバは彼に仰るようには、そうはならない、と。

カインを殺すものには七倍の罰を受ける、と。

エホバはカインに会うものが彼を殺さないように印を彼に与えた。

カインはエホバから離れ、エデンの東に位置するノドの地へ住んだ。





というのが兄弟殺しの話です
訳によって『罪に打ち勝て』となる命令形だったり、『必ず罪を償うだろう』という未来約束の形をとる推量になってたりしますが、エデンの東から抜粋して『罪を償っても良い』という可能の形にしました

償っても償わなくても良い、いわゆる選択の自由が与えられてるというのが素晴らしいですね
| 読書 | 16:11 | comments(0) | - | pookmark | 昨年の記事
虹の先には置き忘れてきた大切なものがいっぱいある。


正常と異常の違いは何なのだろうか。

自然的に認められる発散性、つまりばらつきの存在を認めるとする。

人はそれを分類しようとする。何故ならばそれが人間だから。

単純化、記号化することが人間に見られる特徴であり、一種の防衛本能ともいえる。

できるだけ多くの個体に同じ印象を持たせることが出来るもの、共有可能な認識を見つけだし、単純化して記号化する。

これがアナライズである。

初めは形あるものが分類の対象であったが、そのうちに自身の行動、感情といったように観察の対象は移っていく。

対象は仕切られ、名づけられるようになる。

例えるのならば「あれは笑っている」、あるいは「これは怒っている」といったように。

だが忘れてはいけないのは、そのような分類がなされる以前からそれらのものは存在していたということである。

笑うと泣くの中間の感情も存在するし、笑うと怒るの中間の感情も存在する。このようなに分類から漏れたものをひとまとめに例外と呼ぶ。

しかし例外は例外であり、異常ではない。

この分類システム、いわゆる単純化による合理的な社会を存続させるために作られたルールが反社会的とするもの、それがすなわち異常である。


解説:森博嗣・シリーズ9作目『数奇にして模型』の作中の会話に出てくる異常と正常の違いを適当にまとめてみました

次がシリーズ最終作らしいので楽しみですね
それだけを読むためにここまで順々に読んできたといっても過言ではないです

| 読書 | 19:24 | comments(0) | - | pookmark |